Skypeから固定電話へかけてみた。

Skypeといえばパソコンやスマートフォンから利用できる通話、チャットなどの機能を持ったアプリケーションです。
基本的にはSkype同士でのやり取りになります。
Skype同士でのやり取りでは基本的に料金がかからないため重宝します。
もっとも現在ではLINEでの通話も多く利用されているためスマートフォンで利用する場面は少ないかもしれないです。

■Skypeから固定電話や携帯電話にもかけることができる

基本無料で利用できるSkypeですが、実は固定電話や携帯電話にもつながります。
もちろん電話回線を利用する場合には料金が発生します。

通話料金は先払いとなり月額プランで国内へ300分通話が850円、世界へ無制限通話で1675円となっています。
この他にプリペイド式で携帯電話10.81円/分、固定電話2.26円/分となっています。
プリペイド式ではチャージが1500円単位となっているようです。
この他にも国内へ100分通話できる475円/月などいくつかのプランがあります。

私は頻繁に通話をかけることもないので1500円のチャージで利用してみました。
支払方法はいくつかありましたがクレジットカード支払で一瞬でチャージできました。
skype2

クレジットの残金はSkype上からいつでも確認できます。

■Skypeから電話をかける方法

特別な事は何もなくクレジットのチャージをするか月額利用状態になっていれば簡単に通話できます。
skype

「番号を入力してください」の部分に電話番号を打ち込みます。
その下の「日本(+81)」という部分はこれから電話する国の表示になります。
国内にかける場合は日本を選択します。

電話番号の入力ができたら通話ボタンを押します。
後はSkype同士で通話するのと同じ要領で問題ありません。
音質などについても特に問題なく通話する事ができました。

■Skypeから電話かける意味

Skypeから電話ができて何の意味があるのか疑問に感じる人もいると思います。
正直言ってしまうと私もあまり頻繁に使う事はないと思います。
かなり限定的な場面でのみ役立てる事ができるかもしれません。

まずSkype経由で電話ができるためデータ通信のみで契約している端末から通話ができます。
例えばデータ通信のみの格安SIMを利用している端末やそもそも通話を前提としていないタブレット端末などでもマイクとイヤホンがあれば電話ができるわけです。
データ通信の端末だけ持っているという状況は多くないかもしれませんが活用できる人も居るかもしれません。

この他に携帯電話の無料通話を超過して利用する場合にはSkype経由の方が料金が安いかもしれません。
通話無制限のプランなどもありますし電話をそもそも利用する機会が少ない人も多いと思うので有用かどうかはわかりませんが・・・。

またパソコン上から電話をかけることもできます。
動画やライブ配信に音声を乗せる事も容易に行えるという事になります。
もちろん事前に許可を取るなど手順を踏む必要はありますが出来ることの幅は広がるかもしれません。

■SkypeとLINE Out

LINE Out というサービスではLINEから携帯電話や固定電話へ通話をけかられます。
SkypeとLINEで同じようなサービスを展開しています。

ですが比較してみると料金に差があるようです。
通常のクレジットを消費する方法での通話ではSkypeの方が安くなります。
LINEで30日プランで60分購入した場合の1分あたりの通話料ではSkypeよりも安くなりします。

普段は利用せずごくごく希にSkypeやLINE経由で電話をかけるような使い方の場合はSkypeの方が安価に済みそうです。
しかしクレジットの購入単位がSkypeは1500円~なので少額利用との相性が悪いように感じます。
一方でLINEでは120円分から利用できて小回りが利きます。

一概にどちらが良いと判断するのは難しいところです。

スポンサーリンク






Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.