ネトゲの嫁は女の子じゃないと思ったとかいう作品を読んだ感想。【レビュー】

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った
2016年4月からアニメ化が決定している作品です。

アニメ放送前に原作を購入して読みました。
現時点では9巻まで発売されています。
最近はkindleで購入する事が多いのでこの作品もこちらを購入。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った

タイトルの通りネトゲに関する話が中心になってきます。
主人公はオンラインゲームが大好きだけどリアルとネトゲは別だと考える男子高校生。
メンバー4人の小規模ギルドで遊んでいると仲良くなったメンバーの女の子とゲーム内結婚。
女の子キャラだけど、どうせ中身はおっさんだろうと思っているある日オフ会をする事になります。

そしてオフ会当日、集まったメンバーは自分以外が全員かわいい女の子でしかも同じ学校!
しかも結婚した相手はリアルとゲームの区別がない変わった女の子。
「ゲームで結婚したから私たち夫婦ですよね」
ライトノベルにはよくある内容ではありますが、ルートはメインヒロイン一本道です。
(なにせ作品最序盤から結婚していますし基本的に他の選択肢がないです。)

何というか内容は本当によくある話で特別語るような内容はありません。
すっごい事件が発生するとかもありません。
その分サクサク読めますし”ライトノベル”感があります。
ネトゲものの作品自体が好きなのも含め個人的には買って正解という感じです。
人によっては苦手と感じる可能性も高いので自信を持っておすすめとまでは行けませんが・・・。

恐らくネトゲをそこそこ理解していて尚且メインヒロインのアコが可愛いと思える人には当たり。
それ以外の人にとっては面白く感じにくい作品じゃないかなと思います。
少なくともネトゲ経験0だと用語やネタが分かりにくいです。

具体的にはゲーム内の結婚システムはもちろんハウジングシステムの話や偽サイトを利用したアカウント乗っ取り、
RMTやらインスタントダンジョンといった話について来れる人向けだと思います。
わからなくても読めるよう解説は入ります。(初心者のアコに教える形です。)
解説があるとは言え経験がないとイメージが難しいだろうなとは感じました。

ネトゲの嫁
ふむふむなるほど。

ネトゲの嫁
ちなみにこのキャラクターがCV南條さん!にゃあ
南條さん好きなのでどんな演技になるのか期待してます。

丁度アニメが始まるタイミングなのでアニメを見て気になったら購入してみるのも良いかもしれません。
この作品はライトノベル9巻の他にコミックスも2巻まで発売されています。

ちなみにアニメ放映にあわせてラジオ番組も始まるようです。
豊永・南條の2人はラジオしないと思った?

スポンサーリンク






Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.