スプラトゥーンVer. 2.7.0 更新内容と配信日決定

以前から発表されていたブキの追加に伴いブキバランス調整も行われるようです。
配信日は2016年4月13日です。

https://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/update/index.html

まずフェスについてウデマエS+のフェス初期パワーが変更されるようです。
前回のフェスではS+とSが同じ数値から始まったため序盤の実力差が顕著でした。
ここが修正されることによってより高いレベルでのナワバリバトルが期待できます。
また更新のタイミングからも更新後すぐにフェスの流れかなと予想しています。

ブキバランス以外の修正に関してはほとんどが不具合の調整です。
バグなどをしっかりと把握して修正してくれるのは良いことです。

さて問題のブキ調整ですが一気にバランスが変わりそうです。
様々な修正が行われますが個人的に気になるのは以下の部分です。

・リスポーン時のスペシャルゲージ減少量の調整
ブキごとに変更がされ最大で75%減少するようです。
特にスシコラが75%減少はとても大きいように感じます。

・ブキによるイカ速度10%減少
ダイナモ、リッター、ハイドラを持った場合にイカ速度が減少するようです。
特にダイナモの機動力が落ちる点は影響が大きいように感じます。
またダイナモはリスポーン時のスペシャル減少とあわせてスペシャル発動回数が極端に落ちるような気がします。
するとインクの効率も大幅に落ちるため塗り性能も事実上の弱体化ではないでしょうか。

・96ガロンのメイン性能調整
ダメージが62から52に減少してバラつきが減ります。
これまでの乱数ブレが減るため実力のある人はキル性能が上がりそうです。

・チャージャーのメイン性能調整
フルチャージ時と半チャージ時の射程が大幅に変わります。
位置取りや半チャージの活用方法が大きく変わると思います。
実際に色々なステージをプレイしてみないと感覚がつかみにくいかもしれないです。

・クイックボムの性能調整
インク消費量が多くなって塗り範囲が広くなります。
リッターが使った場合は弱体化のように感じますが他のブキのクイックボムは強化されるような調整に見えます。
またクイックボムラッシュがこれまで弱かったのですが塗り性能が一気に上がりそうです。

・スプラッシュシールドの坂展開の調整
即時展開ができなくなるようです。
実際に投げた時の挙動がどうなるか気になります。
少なくとも今までとは立ち回りを変える場所が出てくると思います。

・マーキングの調整
スーパーセンサーの発動時間が短くなりましたがマーキングガード時は少し長く残るようになりました。
ポイントセンサーはマーキングガード時の時間が伸びるだけの修正です。
マーキングガードの採用率が下がりそうです。

■今回の更新で感じたこと

少なくともわかばシューターは相対的に強くなったと思われます。
一方でダイナモやリッターは大きく弱体化されたでしょうか。
ガロンに関しては強い人は総合的に見て強化ではないかと感じます。

ツイッター上などで心配されているのはスピコラの相対強化です。
確かにポイズンとバリアにはほぼ修正が入っていません。

そこで個人的に注目しているのはダイオウイカです。
ダイオウイカは従来でも強かったことに加えて新ブキでも実装されます。
ダイオウイカはポイズンを受けた後に発動してもポイズンを無効化できますし、
今回のイカ速度10%減少ブキを倒せる可能性は高くなったと思われます。

また全体としては防御が流行りそうという話しもチラホラ見かけますが、
個人的にはあまり流行るようには思えません。
実際に環境が変わってみないとわからないので防御環境になったらなったで対応する準備はありますが…。

スポンサーリンク






2 Comments on スプラトゥーンVer. 2.7.0 更新内容と配信日決定

  1. たのしみですね!
    シャプマ上方修正されましたが、ブキチセレクションvol.2に来るとか噂の
    シャプマポテトは使いますか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.