スプラトゥーンVer. 2.7.0遊んでみた感想。

ブキチセレクションの追加に加えて既存武器の大幅な調整が入りました。
スプラトゥーンVer. 2.7.0での変更は対戦環境を大きく変えると思います。

■新武器が安定して強い

基本的にブキチコレクションは極端に弱いブキが存在しないように思います。
サブスペシャルの組み合わせのバランスが良い印象です。
強すぎず弱すぎず、ただし個性はあまり無いようにも感じます。

実際に使ってみたのはスプラシューターワサビですが想像通りの使い勝手でした。
他ブキも大きく想像から外れるような性能ではありませんでした。
ただし、現時点ではブキ性能が最大限使えていない人が多いです。
今後各ブキの研究が進めば驚異となる可能性もあるでしょう。

■リッター、ダイナモの弱体化

リッター、ダイナモ、ハイドラのイカ速度が10%減少となりました。

リッターは更にクイックボムの調整で投げられる数が減っています。
クイックボム単体で見れば強化なのですがリッターのインク効率とのバランスが大きく崩れた印象です。
半チャージも弱体化されてハッキリ言ってリッター2人の編成はかなり厳しいです。

ダイナモ自体は何度も弱体化をされたうえに今回の速度減少です。
特に振った後のボム回避がかなり厳しそうです。
更にデス時のスペシャル減少量がアップしています。
かなり動きにくい環境となった気がします。
自分では使っていないため正確な事はわかりませんが…。

■スペシャル減少量の変化によって

特に影響が大きそうなのがスプラシューターコラボです。
必要な塗りポイントの大きいスーパーショットに加えてデスペナがゲージ75%です。
かなり発動が難しくなったと言えます。

一方で上方修正されたブキは40%となっています。
スペシャル減少ギアを採用するとデス時にゲージを100%維持する事もできるようです。
通常は100%維持することにあまり意味はなさそうですが、
特定ブキでのヤグラなどでは無理やりカウントを奪うような動きができそうです。

■96ガロンの調整について

はっきり言って強化だと思います。
.96ガロンデコは坂シールドの展開が平地と同じフレーム数に下方修正されました。
しかしメインのブレ減少がそれ以上に強化だと思われます。

少なくともエイムが良いのに弾ブレによってキルを逃していたパターンが減ります。
対面していても今までのような甘えた動きをすると即座にデスするようになりました。
強化と判断するか弱体と判断するか使い手の腕による部分が大きいでしょう。

■実は注目しているバケットスロッシャー

個人的に今回の調整で一番驚異に感じているのはバケツです。
はっきり言って短射程だとかなり対面で勝つのは厳しいです。

メインの発射速度と発射後の硬直が大幅に減っています。
かなり動き自体が機敏になっているので近距離戦が強くなりました。
更にクイックボムの調整によって攻撃を当てやすくなっています。
クイックボムとメインの組み合わせでかなり大雑把な当たり方でもデスします。

使い手が少ないのであまり気にならないかもしれませんが、
プレイヤースキルが高い人が使うと止められる気がしません。
あくまでも個人の感想ですがスピコラ並に相手したくないです。

■Ver. 2.7.0の総評

かなり環境が変わるのは間違いないと思います。
ギアの付け替えなども必要になるかもしれません。
全体を通して見ると基礎的な力がある人はこれまで通り強いと思われます。

わかばシューター使いとしては特別ギアの変更などの必要性を感じません。
従来通りのギアでマーキングガード採用するかどうかは好みといった所でしょうか。
防御ギアの流行り具合次第で攻撃をつけるかどうかの択は依然として消えません。

スポンサーリンク






Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.