スプラトゥーン フェス第13回 おにぎりの具といえば?感想

フェスパワーが実装させて2回目のフェス終了しました。お疲れ様でした。
前回同様に今回もがっつりと参加したので簡単に感想を書いておきます。

■フェスのシステム面について

前回同様にフェスパワーが適用されています。
今回からはSとS+の初期パワーに差が設けられました。
S+は1700が初期値となっています。
この100の差によって多少マッチングの問題が改善されたように思います。

前回はフェスパワー2000超えてからはマッチングスピードがかなり落ちました。
特に午前4時ごろからのマッチングは人が揃わず解散ばかりでしたが、
マッチングする範囲が広くなったようでタイムアップ解散は改善されました。
尤も今回の投票率の差が小さかった事も影響している気はします。

フェスパワーが2300を超えても1800あたりとマッチングするようです。
ある程度はパワーの近い人とマッチングするようですが、
マッチング問題解決のため閾値が大幅に変更されています。
ある意味ではガチナワバリとしての機能は落ちたかもしれません。

閾値を変更する調整よりも100ケツ入りにメリットを付け加えて
上位プレイヤーのプレイ回数を増やした方がいいかもしれません。
ただし、スナイプ固定チームが圧倒的に有利になる問題がつきまといます。
かなりバランスの取り方が難しそうです。

■フェス対象ステージと使用ブキについて

まずTwitterで発表されたステージと実際のステージが異なりました。
使用ブキをステージに合わせる人にとっては少し問題があったかもしれません。
(ブキによって事前にフェスTギアをまわす人もいるので…)

全体として圧倒的に多かったブキはスプラスピナーコラボです。
とにかくどのパワー帯でもスプラスピナーコラボが大量でした。
次点でダイナモ系といった印象です。

スピコラ以外にもバレル、ハイドラントとスピナー系が多いようです。
これらはスピナー系とダイナモ系はモズクで猛威をふるい短射程では処理ができません。
そのため短射程ブキの割合はかなり少なくなりました。

アプデによりリッターが弱くなった事もありチャージャーはほとんど居ませんでした。
逆にたまに見かける上位チャージャーはかなり強い人が多く要注意です。

全体としてはスピコラ、わかば、ハイカスのバリア持ちがとても多く
ダイナモテスラ、ワサビのトルネードで終盤の巻き返し等の逆転要素が多めでした。
安定して勝つためには実力に加えてブキ編成の差も大きな影響がありました。

またホッケ埠頭があったためダイナモはバーンドもかなり扱いやすそうです。
チェイスの塗りが上方修正されたため縦塗りがかなり強いです。
逆にホッケのセンサーは従来であればフェスTでガードされないので強力でしたが、
マーキングガードなしの効果時間低下の影響で少し弱体されたようです。
ただし、弱体を考慮しても強いのは間違いありません。

ZAPやモデラー系はナワバリでは強いはずなのですが、
今回のステージとブキ構成ではほとんど活躍できなかったと思います。
デカラインはともかくとしてホッケやモズクはブキによる性能差が露骨に出てしまいます。

今後もスピコラとダイナモはナワバリでは間違いなく強いので対応しないと上位で勝つのは難しいと思います。
といっても現状でスピコラ対策できるブキというのはかなり限られています。
明確にメタれるダイオウイカはナワバリというルールではアンチシナジー気味に感じます。

ナワバリだとスプラチャージャーやハイドラントカスタムあたりで射程で対策するのが良さそうです。
少なくともわかばで上位スピコラ対策はほぼ無理かなと思います。
なんとかバリアを吐かせて機能止めて味方に任せつつ他ブキを相手するのが良いと思います。

■ステージごとのわかばでの立ち回りについて

あくまでも私がプレイ中に考えていた事なので必ず正しい動きというわけではないです。
これ以外にも色々考えていましたし、マッチングメンバーによって動きは変化させていました。
同じメンバーで固定化されてくると自然と動きが噛み合うようになると思います。

モズク農園

とにかく網上がきついのと中央の広場での平面撃ち合いがきついです。
ダイナモやスピコラの多い環境で中央に飛び込んで戦う初動はかなりリスキーだと思います。

基本的には戦いを避けて避けてしっかりと塗り最後にバリアで強引に中央なり相手陣なりを塗る戦いになりました。
この方法だと味方に左右される部分が大きく安定して勝つのは難しいです。
とはいえフェスパワーが高ければ味方も一定水準以上であることが分かるので任せられます。

しっかりした味方だと確信できれば初動は自陣を丁寧に塗っておくと良いと思います。
短射程が固まったりパワー的に見方依存が怖いマッチングの場合は無理してでも裏取り警戒か裏取りをしに行きました。

ハッキリ言って初動裏取りは愚策だとは思います。
少なくとも私の実力では裏に入ってもポイズンでジリ貧の展開が多かったです。
裏取り警戒ポジションなら比較的戦えたので、そちらの方が動きやすいかなとは思います。

また自陣から敵陣に入る裏ルート自体が金網のダイナモやスピコラあるいはハイドラにやられます。
中盤以降で裏に入るなら網上の状況も確認しつつ動く必要があります。

中央制圧できるタイミングが訪れたらさっさと中央をざっくり塗ってバリアを持って、
中央金網から敵陣に入る動きが強かったです。
こちらを抑えれば中央金網からの侵入と裏取り両方を見れますしポイズンになんとか対応できます。

ホッケ埠頭

初動で自陣の両脇どちらかを丁寧に塗りました。
フェスパワーが高ければ初動でいきなり味方全滅から押し込まれる展開はまずありません。
そのため後から塗りにくい脇道をしっかりと塗っておきます。
塗り残しがあると二度手間なのでとにかく丁寧に塗ります。

明らかに押し込まれそうな展開の場合は中断してバリアで耐えに行きます。
丁寧に塗りつつ味方の位置やデス人数を確認しておきましょう。
問題なく脇道を塗れた場合は広場に降りてすぐにバリアがたまります。

バリアがあるので人数不利になったら押してくる相手をカウンターで潰して維持します。
こちらが人数有利になったらバリアでゴリ押して相手広場を塗り広げて味方の足場を作ります。

ガチエリアでは左通路から押して広場確保をおすすめしていますが、
ナワバリでは右通路がかなり強いと感じます。
敵陣側のフォークリフトは右通路を一時完全に封鎖します。
左通路だと少し隙間が残るのでバリアを少し早めに切る事が多くなります。
フォークリフトの動きに合わせて前に出てバリアを切って一気に制圧の流れはとても強かったです。

また敵広場をある程度制圧したらフォークリフトの各側面を塗るのも重要です。
フォークリフトの上はチャージャーの少ない今回のフェスではかなり強ポジでした。
わかば自信もフォークリフトから広いスペースを塗ってバリア回収できますし、
ダイナモやスピコラもかなり強く立ち回れます。

またフォークリフト上からだと視野が広く後ろを取られる事もないですし、
ボム投げで各通路を封鎖できます。

逆に押し込まれるとかなり厳しい戦いになります。
バリアをためて強引に打開するしかありません。

ただし塗り替えししやすいステージなので終盤にオールダウンを取れれば巻き返し可能です。
逆転勝利した試合も少なくなかったので最後まで諦めないのが重要です。
脇道をしっかり塗ってあればラスト15秒程度でも逆転の可能性があります。

デカライン高架下

甲子園練習していたので一番経験値のあるステージでした。

デカラインでは初動で前に出る動きをしました。
初動で中央まで走って塗りバリアがたまり次第前にでてキルを狙います。
失敗あるいは相討ちならリスポーン後に自陣をしっかり塗ってバリアを持って戦線復帰します。
半端な塗りだと二度手間なのでしっかりと塗ることが重要です。

初動でキルに成功して中央制圧した場合には敵陣高台を取りにいきます。
もちろん味方が入ってくれる場合は行く必要がないです。
射程が短いので高台は射程の長い人が入ってくれた方が助かります。
塗れない足場があるのでスプラッシュボムの扱いが上手ければ足止めは十分可能です。
とは言っても高台での動きには限界がありますし中央の固めを突破されそうなら降りるべきです。

味方のキル性能が高く3人で抑える事ができそうなら自陣に戻って塗り残しを潰すのもアリです。
特に自陣高台の手前側のスペースなどは塗り残しされている事が多いので丁寧に処理します。
この他にもリスポーン地点の両脇の段差など特定の塗り残しが発生しやすいポイントがいくつかあります。
回数をこなすと塗り残しが多い場所がわかってくると思うので全て丁寧に塗るよう心がけます。
ダイナモなどでは細かい塗りが難しいのでわかばの仕事だと思います。

戦力が不足していると感じる場合には自分も残って戦います。
この場合はノーデスというのはほぼ無理なのでリスポーン時に塗り残しを処理します。

中盤で中央完全制圧して場合でもリスキルは悪手だと思われます。
もちろんリスポーン前で制圧できるなら強いのは間違いありませんが、
成功率は低く抜けられてしまっては意味がありません。
またフェスパワーが高い相手は上手いのでしっかりと中央へのルートを固める方が安定します。

押し込まれた際の打開は中央ルートが一番成功率が高いと思います。
フェスパワーが高いメンバーが揃うとバリア連携もしやすいので信頼してバリア連携していきましょう。
2~3人で中央を押せば自陣側くらいは取り返せます。
特にダイナモに分ける事ができれば一気に塗って足場を確保できます。

■100ケツ公開されたので追記

スプラトゥーン公式より100ケツの情報が公開されました。
第13回フェス「おにぎりの具といえば? ツナマヨネーズ vs 紅しゃけ」100ケツ

第13回フェス100ケツ

今回はシャケの8位でした。
前回のだいじに3位と比較すると少し順位が落ちてしまいました。
もう少し頑張っていれば5位入りはできたかなーという感じです。

上位5人ずつのブキ編成を見るとやはり予想通りスピコラ、ダイナモ、ハイドラといった面々です。
前回はわかばも多かったのですが、今回は0人となっています。
わかば使いとしては1枠載せたかったところです。ちょっと悔しい。

ガチナワバリとしてはマッチングにも恵まれかなり楽しい試合が多かったので後で動画投稿するかもしれません。

スポンサーリンク






3 Comments on スプラトゥーン フェス第13回 おにぎりの具といえば?感想

  1. 100ケツ入選?おめでとうございます!!
    ガチナワバリ楽しそうで何よりです。

  2. >敵陣側のフォークリフトは右通路を一時完全に封鎖します。
    ああ確かに……そこは意識できていなかった参考になりました!

Leave a Reply

Your email address will not be published.