VRoidで出力したVRMモデルの服を簡単に着せ替えするアプリができたらしい。

タイトルの通りで、VRMモデルのスキンを手軽に変更できるアプリを作ってくれた人がいるみたいです。
服を変更するだけでモデルを作り直すのは手間なので、凄く便利だなと思います。

VRoid VRM Wear Changer

使い方は簡単。
ダウンロードしたファイルを解凍、VRoidWearChanger.exeを起動します。
画面解像度を選択して、Playを押すと立ち上がってきます。


画像は、LoadからVRMを読み込んだところです。
モデルの表示に加えて4箇所のテクスチャが表示されます。
変更したいところのLoadTextureから用意した画像を読み込ませます。

服部分の着せ替えはこれだけで完了です。
ただ、靴下なんかはボディのテクスチャに乗っける形になっているので、配布されている靴下だけのテクスチャなどをそのまま差し替えすると、肌部分が透明になってしまいます。

先に1枚のPNGにしておけば良いだけですが、今のところ手動で対応するしかなさそうです。
アプリ上でボディテクスチャに重ねられるようなアップデートがくることを期待しています。

BOOTHなどでVRoid用の服テクスチャはたくさん配布されているので、ダウンロードして手軽に着せ替えできるのは結構楽しいです。

スポンサーリンク






Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.