WordPressのエディタを旧式に戻しました。

WordPressのエディタですが、バージョン5.0になってからGutenbergに変更されてました。
サイトの更新をサボっている間に時代は進んでたみたいですね。

うんうん、なるほど。
記事の中身をブロック単位でパーツ化、それを配置していくみたいなイメージでしょうか。
要するにビルダー的な要素を突っ込んだエディタという認識で良さそう?
(あまり触っていないので間違えてたらごめんなさい)

使い慣れれば便利なエディタだと思います。
ただ、私の環境でビジュアルエディタとコードエディタを切り替えると微妙に崩れる部分がありまして、ちょっと面倒な事になりました。
調べたら解決方法もあるかもしれませんが、面倒です。
そのため、とりあえずは旧エディタへ戻して様子見しようと思います。

WordPressのエディタを旧式に戻すには
Classic Editor プラグインを入れてやれば良さそうです。

WordPressの管理画面>プラグイン>新規追加 から Classic Editor を検索してインストール。
あとはプラグインを有効化するだけで旧エディタに戻ります。
新エディタを利用したい時はプラグインを無効化するだけです。

という事で、環境が安定するまでは旧エディタで過ごしたいと思います。

スポンサーリンク






Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.